せっくすが気持ち悪くてできない男の話

ノンセクシャルの成人男性が言いたいことをぶちまけるブログです。

わたしのなにがいけないの?

皆さまこんばんは。

 

先日、友人のお姉さまが小説を執筆され、なんと賞を受賞されたとのことで、私もその小説を購入し、拝読させて頂きました。

 

BL小説を。

 

BL、Boys Loveの略で主に男性同士の恋愛を扱った作品のことを言います。

女性では特に愛好家が多いですね。(腐女子、という呼称もありますが腐るというのがあまり良い言葉ではないので今回は愛好家の方と言いましょう)

 

さて、一口にBLと言ってもその種類は様々です。同性同士特有の障害であるとか、そういった恋愛的な部分に重きをおいたものもありますが今回私が拝読した小説は性愛に重きをおいた作品でした。

 

まあ、わかりやすく言うと二割読んだくらいで主人公(男)の「処女」が無理やり奪われてるみたいな。悔しいでも感じちゃうみたいな、そんなやつ。

 

では、シスジェンダー(身体も心も男性)かつヘテロセクシャル(異性愛者)で性嫌悪強めノンセクシャルたる私がそれを読んでどう感じたのか?

 

怖かったのです、ものすごく。

 

さてここからが今日の本題です。

 

今日のテーマは「性嫌悪」について。

 

私の性嫌悪はどのような条件のもと発生するのか?

こちらをこれまでの経験から検証したいと思います。

ここからは生々しい話嫌な人は読まないでね!

 

ではまず下記図を御覧ください。

f:id:sano192:20180623004728p:plain

 

私がこれまでの経験から作った「性行為及びそれに準ずる行為に対する自身の感情」をまとめたものです。

 

平たく言うとこれにはこんな感じ!って話だけですね。

上から言いますと、

 

自身が存在する性愛というのはつまり自分がしてみたら・・・って想像ですね。これは最高レベルで怖いかつ気持ち悪い。

 

他者が行っている(直接)というのは例えば電車で抱き合ってるバカップルみたいな。直接に他者の性愛を見たときの感情です。これも嫌悪、気持ち悪いですね。ちなみに公共の場で手をつないでるのを見るのもきついです。

 

NLはNormal Loveの略、異性愛を扱った創作物を指すことが多いですが、ここでは異性性愛の動画、画像、創作物全般をまとめてNLと呼称しましょう。まあつまりAVとか成人向け漫画とかそういうやつ。これは前も書きましたが人並みに楽しめる。

 

BLは冒頭書いたとおりBoys Love。これに関しては気持ち悪いより怖いが遥かに強い。

 

GLはGirls Love、女性同士の同性愛を描いたものを言います。

さてこれが一番不思議なことに、見れるし、好きなのに全く興奮しません。きつめのGL漫画とかいわゆるレズAVとか(本当に同性愛者の方が出ているのは少ないと思いますが・・・)いろいろ見てみたんですけど全く性的には興奮しないんですよね。例えるなら美しい絵画を見たときの感情でしょうか。

 

さて、以上を踏まえていくつか仮設を立てて検証します。

 

①自身が他者を性的に扱うのが嫌。

よくいう異性として見るってやつでしょうか?他人を性的に見ている自分に嫌悪を感じる可能性。

でも他者が行っているとかNLがいけるとかそういうのに矛盾するので違うと思う。

 

②自身が他者に性的に扱われるのが嫌。

①の逆パターン。

自分が他人から性的に見られるのが嫌。そうだとするとNLを見れるのは自分が見られてるわけではないということで一応説明はつく。

でもやっぱり他者が行っている性愛行為が気持ち悪いというのはおかしい。

 

③生々しいのが嫌。

生々しければだめ、生々しくなければOK。

前にたぶんこれかなって記事を書いたような気がするのですが、「生々しい」の定義が曖昧すぎてちょっと検証しづらい。じゃあBLは生々しいの?って話になりますし。そうかもしれないけどそうじゃないかもしれないって感じでしょうか。

 

③単純に触れられるのが嫌。

接触自体に気色悪さを感じている説。

他者が行っている性愛については自分が触れ合っている人間に対して自分がその立場だったら・・・。と想像してしまうから、NLは目の前でやってるわけでないから想像してしまわないから、と解釈すれば(多少強引だけど)あるかもしれない。

 

④自分と自分の周りでそういうことが起こっているのが嫌。

自分に十分近い範囲でそういう事が起こっているのが嫌って説。

うーんでもBLは創作物だし自分に関係ないところでの行為だからこれは説明になってないかも。

 

⑤わかんない

やっぱよくわかんない。

 

・・・なんとなく並べてみましたが最有力が⑤わかんないでした。

すごいですね。自分の心と体のことなのにわかんないですね。

 

また考えましょうか・・・。まあ、でもこういうの考えるのちょっと楽しいからいいか。

 

はい。今回も結論でないままもやっとして終わる記事でした。

 

ちなみに冒頭言ってたBL小説、怖い怖い言いながら面白かったので一週間弱で読み終わってしまいました。恐怖もまた一つの魅力。異文化交流として楽しめました。

でも男性器切り落としそうになるシーンはまじできつかった!!

 

ご質問は以下のTwitterにリプライくれると答えます。

佐野 (@sano192) | Twitter

匿名のご質問は質問箱へ。

佐野の質問箱です | Peing -質問箱-

 

 

 

伝える? 伝えない?

皆さまこんばんは。

 

今回はノンセクシャルの恋愛と、セックスについてのお悩みについてお話しようと思います。

 

私は今までノンセクシャルの方、だいたい十数人とお話させて頂きました。アセクシャル含めると30人弱くらいでしょうか。オフ会であったりTwitterであったりとかそういうところですね。

ほとんど全員が女性です。(体は女性だけど心は男性とか無性という人もいらっしゃいますが)

 

んで、そういう方々からよく聞く話が一つ。

 

「告白されたので付き合ってみたことはあるけど、色々と無理だったので別れた」

 

色々、の部分は人それぞれです。アセクシャルだと相手をどうしても恋愛の対象として見れなかったとか、自分が女として扱われることに抵抗があったとか。

 

でもやっぱりよく聞くのは「セックスができなかった」なんですよね。

 

ノンセクシャルにとっては避けては通れない問題です。

性嫌悪の強さは人によりけりなので、やればできなくはないという人もいらっしゃいますが、性嫌悪が強い私みたいなタイプだったら仮に月1回しましょうってなっても相当しんどいです。でも月1回ってたぶん平均から考えたら少ないほうでしょう。

  

交際する、というのはある意味契約であると言えます。

内容の重さは人によりけり。

ただ単に彼氏彼女という関係になってほしい、というのから、私を最優先にして!他の女の連絡先は全部消して!まで・・・。

 

ただ一般的にその契約には「すぐではないにせよ、ある程度親密になればセックスをします」というのが含まれています。

普通「付き合ってください!」に「はい」が帰ってきたらセックスまでは想像するよねっていうことですね。

 

さてそうなると我々ノンセクシャル側が考えないといけないのは「セックスができない(もしくはあまり得意ではない)ことを伝えるべきか」「伝えるにせよどのタイミングで伝えるのが適切か?」という問題になります。

契約内容に「セックスしません」を入れてくれ!っていうかどうか、どのタイミングでいうかですね。

 

まず「伝えるか」

 

それはもちろん伝えるべき!伝えたほうが良い!って思うでしょうか。

もしあなたがノーマルの人で、ノンセクシャルとお付き合いしてて、普通の神経してたら、「それはあらかじめ伝えてほしい」って思うでしょうね。

言われないとわからないから。

相手の嫌なことを強制したくないから。

まあ、セックスしなくても死なないから。

 

でもそんなに簡単な話ではありません。

 

上のお話を全部逆にしてみましょう。

 

もしあなたがノンセクシャルの人で、ノーマルの人とお付き合いしてて、普通の神経してたら・・・

「私はセックスができません」というのは相手の嫌なことを強制する行為になります。

自分の苦手で相手のしたいことを拒否しているわけですからね。

まして普通の人は特に問題なくできることなのに。

セックスしても死なないのに。

 

 普通はしたい。たとえ体目当てでなくとも。好きな人とならセックスはしたいもの。まして普通の「男性」ならなおさら。

ノンセクシャルもそれは知識として当然知っています。だから簡単じゃないのです。

誰だって好きな人とか、自分を好きと言ってくれる人をがっかりさせたいわけないですから。

 

それでも、私は伝えるかどうかについては絶対に伝えたほうが良いと思います。

一方が我慢する関係なんて長くは続きませんし、伝えることで話し合って妥協点を見つけることができるかもしれません。もしかしたらもしかすると相手もノンセクで「まじで!しなくていいの!やったー!」ってなるかもしれませんしね!

 

あとここからすげー個人的な意見なんですけど、女性の皆さん「私ノンセクなの」って伝えたあとでなお迫ってくる男がいたらそいつアホだからさっさと捨てたほうが良いと思う。

男の性欲なんて一人でどうとでもできるから!溜まったもん出してるだけだし!ほぼ排泄ですし!23年ひとりでなんとかしてる私がいうから間違いない!

 

じゃあ伝えるとして、「いつ伝えるべきか」ですね。

 

行為直前から遡って考えましょう。

 

ラブホテルのベッドの上で「私ノンセクシャルなの・・・」はさすがにちょっと厳しい。

じゃあ何しに来たん?ってなりますしね。まあ実際やってみたらできるかもしれない→やっぱり駄目でしたってパターンはあるかもしれませんが。

あまり適切なタイミングとは言えないでしょう。

 

交際◯ヶ月で「私ノンセクシャルなの・・・」はまあまあありかもしれません。

そろそろかな・・・って雰囲気が出てきたときに先手を打っとくパターンですね。まあ、相手のがっかりは避けられませんけど、それはどのタイミングでも同じことですし。

 

告白時「私ノンセクシャルだけどいい?」は実際にやってみたと一番よく聞くパターン。

でもこれ確認のようで確認になってないような気がするのですね。流石にまともな人間なら「あ、セックスできないならいいや」って面と向かっていうの無理やろって思うので。仮に良くないとしてもその場は「体目当てじゃないからいいよ!」って言っといて後で「やっぱり別れよう」ってなる気がするのです。非効率甚だしい。

タイミングとしてありだけどあまり意味をなしてないような気はするのです。

 

じゃあどうすんねんと。

どのタイミングでも問題あるやんけと。

まあそれはしょうがないですよね。結局人間関係の問題ですし。個々の問題であって簡単な解決法があるわけではない。

 

ただ最近私がいちばん良いんじゃないかなと思っているのは告白のさらに前です。

デートよりも前。

いい雰囲気になるよりも前。

そう、もう周りに言いふらしとくのです。

同性愛者の方が異性にうかつに告白されないように周りに言っておくのと同じ!

周りがそういう話になったときにすかさず「私はセックスとかできないっぽいんだよねー」って言っとくのです!そんな変な人情報はきっとあなたのこと好きな人にも噂として伝わっていくことでしょう。

それでなお告白してくるなら「セックスができない」という前提は共有したままお付き合いができるわけです!素晴らしい!

 

・・・そうですね。

 

それができれば苦労しねえよってことですね。

簡単に言ってるけどそれカミングアウトじゃねえか!ってなりますもんね。

それでも私はこのやり方が一番いいと思います。だからこそ、ノンセクシャルという言葉が広まって、カミングアウトしやすい世の中ができると良いなと思うわけですね。

 

私も頑張るから、皆で素敵な世の中にしましょう!

 

ご質問は以下のTwitterにリプライくれると答えます。

佐野 (@sano192) | Twitter

匿名のご質問は質問箱へ。

佐野の質問箱です | Peing -質問箱-

男性の性欲構造

皆さまこんばんは。

 

本日は性欲のお話。

 

「男の性欲ってどうなってんの?」って話をしようと思います。

 

今回も例によって例のごとく生々しい話なので性嫌悪のある人は読むの気をつけて・・・。

 

 

 

さて、突然なんの話やねんと。

 

と、いうのものですね。非常に、非常に、よく聞く話に「一般の男性と付き合ってみたけどセックスができないのでうまくいかなかった」というのがあります。

 

男性と付き合うべきか、付き合ったとしてセックスすべきか、そのへんは状況にも人にもよると思うのですが、ただ女性諸姉は交際している人間の性欲構造がどうなっているか、というのは理解しておいて損はないと思うのです。

 

というわけで男性代表、私佐野が男性の性欲を解説しようと思います。

 

・・・はい。

 

・・・そうですね。

 

まてまてまて、お前ノンセクやろ!ってことですね!

 

そう、残念ながら私はノンセクなので一般の男性と性欲の構造は若干異なります。たぶん。

なので、この記事は、私がノンセクシャルになる前(~高校卒業くらい)となった後、更に周りの男性から聞いた話とかインターネットで見た情報とかを総合的にあわせて記載しています。

 

ただ、たとえノンセクでなくとも性欲の強さとかには個人差があります。

なのでこういう傾向があるよーってくらいに軽ーく考えてもらえば良いと思います。

 

①男性はどういうときにセックスしたいと思うの?

 

基本的には「常に」というのが一番正しいでしょうか。

ただ強さがあります。男性の性欲は体内の精液の量に比例します。

よく自慰行為のことを俗語で「抜く」といいますが、あれはまさに精液を抜くことを言います。定期的に自慰行為を行うと精液が少ないので平常時もあまり性欲を感じません。一方何らかの理由でそれができていないと精液がたまり、いわゆる「ムラムラする」状態になります。と言ってもその状況だと見境なく女性を襲うというわけでは決してありません。何が違うかっていうとただちょっと集中力がかけるとか、その程度の話です。

ですが性欲が強い、弱い、いずれの状況でも「セックスしましょう」と言われれば男性は喜ぶし、します。そういう意味では常にセックスしたいと思っている、ということですね。

その他、顔、体型などが自分の好みの女性に会う、露出が多い女性を見る、女性の下着が見えるなどのハプニングがあると一時的に性欲が高まりますが、それはすぐにもとに戻ります。

 

②好きな人じゃなくてもできるの?

 

できます。

 

そもそも男性の場合、「セックスができない/したくない」人と言うのがほとんどいません。年齢が極端に離れてるとか、そういうことがなければたぶん9割位の人とできます。ただ、その中にも好みがある、というイメージです。

だからナンパが多いし、風俗は流行るし、浮気は絶えないわけですね。

極端な話をすれば「誰でもいい」ということになります。

「嫁がセックスさせてくれないから風俗行った」とか意味わからんことを言っている男がいるのもだいたいこういう理由です。

 

③付き合ったらセックスしなきゃダメ?

 

そんなことはない・・・事が多いです。

 

たぶん。

 

男性は彼女ができるとセックスができることを「期待」します。

でも流石にセックスがしたいというそれだけの理由で付き合っている男性は少ないです。(0ではないですけど)

ですのでセックスができないという、期待を裏切られたことにがっかりはすると思います。けれどもそれを差し引いても彼女と一緒にいて楽しい、とか、彼女のことが好き、とかそういうプラスのことが大きければ付き合い続けられると思います。

ただこれに関してはあまりにも個人差が大きいです。セックスができないということのマイナスがどれくらい大きいのか、というのは個々人によりけりなので。

 

④嫌って言ってるのにやたら迫ってくるやつなんなの?

 

可能性は2つ考えられます。

一つは、「ここ」まで来てるから次は「これ」をしても大丈夫と思っている。

例えば、手はつないでくれる、ハグはしてくれる→だから次はキスしても良い、という思考です。

男性は順序を踏んで恋愛を進めていきます。なので上記の例で断られた場合、「キスはしないほうがいいのか」ではなく「キスはまだ早かったか」と考えます。

 

さて、まだキスが早かったか、と思ってからしばらく経ったらどうでしょう。

「そろそろ大丈夫かな」と思うわけです。そもそもキスがしたくない、という発想は基本的に男性の中にありません。

 

なぜでしょうか?

 

ここからは憶測ですが、男性自身の性欲と、見てきたもののせいではないかと思います。

まず、男性が性的な行為をしたくないということはまずありえません。(私みたいなのを除いて・・・)

そうなると相手もそういう行為はしたいはずだと思います。

 

そして男性が普段見ているもの。そう、AVです。

AVの中では女優さんが嫌そうーにセックスしているということはまずありません。皆楽しそう、気持ちよさそうに行為を行っています。(そりゃ女優さんが嫌がってたり痛がってたりしたら流石に見れないですよね)

そういうものを見ているからこそ、女性も皆セックスは楽しいものなのだ!という勘違いが生まれます。

だから拒否されるのは

嫌だから

ではなく、

まだ自分がそれを認められる段階に来ていない

つまり、

まだ早かったのだと判断して、

時間が経ってより親密になれば大丈夫だろうと思い込んでしまうわけですね。

 

これに関してはもう自分がそういうことが嫌なんだと、真剣さを持って、話して、わかってもらうくらいしか解決策がないんじゃないかと思います。

ただし、どんな行為であれこれらは合意の上で行われるべき行為ですから、無理やりされるなら通報しましょう。それが難しくても最低限自分の身は守れるように。嫌だけど相手のために我慢する、というのは絶対にやめたほうが良いです。

 

ちなみにもう一つの可能性は自分のことしか考えてないアホだから。もうこいつは早く捨てましょう。

 

さて、

 

色々書いてきましたがとりあえずこの記事で言いたかったことは一つ。

男の性欲は一人でも処理できるから無理して付き合うのだけはやめましょう。

 

まして女性なら、付き合っている人とこういう話はし辛いかもしれませんが、あなた自身が傷つく前に、真剣に話したほうが良いと私は思います。

 

ご質問は以下のTwitterにリプライくれると答えます。

佐野 (@sano192) | Twitter

匿名のご質問は質問箱へ。

佐野の質問箱です | Peing -質問箱-

ノンセク婚活奮闘記

某月某日某居酒屋。

 

私「せんぱぁーい、結婚ってどうやったらできるんですか?

先輩「うーん? マッチングアプリとかやってみたら?」

 

・・・皆さまこんばんは。

 

今回は!私の婚活奮闘記のお話です!

 

以前にも書きましたけど、私そこそこに結婚願望があるので、婚約間近の先輩に聞いてみたんですね、どうやったら結婚できるか。

 

先輩はその婚約間近の方とはマッチングアプリで出会ったらしくて、進研ゼミばりに「君もやってみなよ!」と勧誘されました。

 

じゃあやるか。ということで始まった婚活の話を、本日はお伝えしたいと思います。

ちなみにまだ結婚してないし、まだ諦めてません。この話は現在進行系のお話です。

 

①条件決め

 

さて、じゃあ結婚相手探すか!のときにまず私がやったこと、

それは結婚相手の条件決めです。

 

こういう人間と結婚したいなーではなく、最低限これができてる人間じゃないとダメ。ラインです。

よくフィーリングで恋人とか配偶者きめるーって言う人いますけど、そんな曖昧なものでこの先60年近く一緒に生きる人間を決める気はないし、そもそも今までのことを考えるに(好きな人ができたのは人生21年目)それ待ってたら一生来ねえって思ったので、じゃあもうルール化したほうがいいなってことで。

 

というわけで掲げた条件が以下。

 

・女性(私が異性愛者のため)

・話が面白いこと

・礼儀が私と同程度以上にはできていること

・きちんとしていること

・性的な接触は私の我慢できる程度であること

・性行為は行わなくても良いこと(子供を作る場合は除く)

 

まあ、上4つはノンセクでなくてもよくある話ですかね。あとできれば頭良い人がいい!

ノンセクとして必要な条件が下2つ。細かく話しますね。

 

まず

・性的な接触は私の我慢できる程度であること

これがどの程度やねん!ってことなんですけど、例えば手をつなぐとか腕を組むとかをしてって言われればできる。正味キスくらいまでならまあ、しんどいけどやればできると思う。

でもそれがもう毎日ベッタベタにしたいって言われると無理。言うなれば接触に対する私のストレスが限界を超えることがなければなんとか・・・って感じですね。

実際に具体的な数字で!って言われるとやってみないとわからないですって答えになります。でもとりあえずイチャイチャしたい!みたいな人は条件から外れるということで。

 

次に

・性行為は行わなくても良いこと(子供を作る場合は除く)

前にも書いたと思うんですけど、したいしたくない以前に私そもそも勃たないんじゃないかと思ってて。そうなるともうセックスレスまっしぐらですよねー。

だからそれが問題にならない人でないと関係の継続が難しい、ということでできた条件です。

でも相手の人がお子さんが欲しいと言うなら頑張る。頑張れば・・・たぶんなんとかなる!

 

ここでちょっと横道にそれる話なんですけど「婚活する!」って言うと周りに「まだ早い!」って絶対言われるんですよね。

私は現在時点で23歳です。なるほど男性ということもあり、世間的に見ればだいぶ早い。

でも「遊べ!」って言われても「遊ぶって何?」って思います。

というかぶっちゃけ君らの言う遊べは「問題にならない今のうちに不特定多数と性行為を行いなさい」という意味では?とうがった見方をしています・・・。

じゃあもうお付き合いするなら結婚前提でいいじゃん・・・ってことで、そもそも結婚できないくらいの人間と交際するとか苦痛では・・・とか、でもそれって重いのかな・・・?とかああもう長くなるのでまた今度記事にします!

 

②とりあえずアプリを入れる

 

先輩の使っていたものを聞いてとりあえずそれをダウンロードしました。

それがこちら

www.pairs.lv

facebookを利用した」と書いていますがfacebookなくても電話番号あればできます。

恋活、婚活マッチングサービスらしいですけど使ってみた感覚としては恋活と婚活のちょうど真ん中くらい?使い方しだいで恋活でも婚活でもできるとは思いますが、婚活に本気で使うにはちょっとチャラいかも。

 

大雑把にシステムを説明しますと、

・女性は基本無料。特別な必要がなければそのまま使えます。

・男性は一部有料。といってもまともに使うなら課金必須。だいたい一ヶ月1000円~3000円位。プランの使用期間を長くすればするほど安くなります。

・どちらかからいいね!を送り、相手から返ってくればメッセージを送り合うことが可能になります。

 

使い方とすると大体の場合、

 

男性から女性にいいね!を送り、

それが返ってきて、

メッセージ何度か送り合って、

じゃあ会ってみませんか?

 

って流れですね。

 

だから自分はこんな人ですこんな人を探してます、っていうのをプロフィールに載せなければなりません。

顔写真載せるのがすごい嫌だけど頑張る・・・とか

プロフィールとか何書くんだよ・・・とか

pairsあるあるはいっぱいあるんですけど、このブログはノンセクブログなので関係ないそのへんは置いといて。

 

じゃあノンセク関連の話とは?というとそう!

プロフィールに思いっきり書いてやりました!

 

ノンセクシャルなので性的なあれこれは苦手です。」

 

さあ!誰かいいね返してくれるかな!?

 

③始めてみる

 

さて、待ってるだけでは何も来ないのでこちらから気の合いそうな人を探さないといけません。

 

このアプリはコミュニティという機能が用意されています。

例えば「サッカーが好き!」とか「ライブよく行く!」とか、そういうコミュニティに参加しとくと同じ趣味や価値観の人に出会いやすいという機能です。

これの面白いところがコミュニティは個人が勝手に作成できるので、もうほんとに色んなコミュニティがあります。最近の話題だとピーターラビット好き!」とかおっさんずラブ見てる!」から「方向音痴です!」というお、おう・・・ってなるものまで・・・。

 

んで、一個すごいびっくりしたことがありまして。

 

性に関わるコミュニティも結構あるんですよね。

例えば「身体の相性も大切」とか「イチャイチャしたい♡」とか。

 

これの人数が尋常じゃない。

 

「身体の相性も大切」14400人くらい(女性が4300人くらい)

「イチャイチャしたい♡」9000人くらい(女性が4100人くらい)

「身体の相性を確かめあってから付き合いたい」っていう、まあ要するに「付き合う前にセックスしましょう!」ってコミュニティですら4000人(女性が1000人くらい)でした。

それ自体はぜーんぜん悪いことじゃないんですけど、びっくりはしましたよね。

 

みんなセックス大好きかよ!って。

 

いや知ってたけど・・・改めて数字にされるとやっぱすげーなって思いました。どおりで生きづらいわけです。

でも逆に言えば私はそういうコミュニティに入ってる人は避ければいいわけで。棲み分けという意味では合理的ですね。

 

そしてこれだけ多種多様なコミュニティがあるならもしかして・・・?と思って調べてみると・・・ありました!

 

ノンセクシャル(非性愛者)」ってコミュニティが!

 

32人

 

すくねえ!!!

 

ちなみに女性が24人。

あるのは嬉しいけど住んでる地域とかログインしてない実質退会者とかもいらっしゃるのでこの人数だとまともに機能しません。このコミュニティの中から探すのは無理か・・・。

一応「ベタベタするのは苦手」とかそういうコミュニティもあるのでそういうほうから探したほうがいいかなぁ・・・と思いました。

 

ついでにアセクシャルも探したんですけどこちらはありませんでした。あってもいいとは思うんですけど・・・。

 

あ、ここまで書くと私のことアプリ内で特定できると思いますけどなんか個人情報変なことに使うのはやめてね!

ちなみに私と喋りたい人はいいね送ってくれたら返すよ!(恋愛目的嫌だったらそれも言ってくれればお友達になるよ!)

 

④打率

 

さて、コミュニティとか見ながら条件に合いそうな人を探してせっせといいねを送っていきます。私の場合は顔にあんまり興味がないのでプロフィール文とかコミュニティとか見ながら面白そうな人を見つける作業。

 

送ると相手の方にはいいねが来ました!って通知が行き、そこで相手の方は私のプロフィールを見ます。そうするとプロフィールに「ノンセクです」って書いてあるわけです。

セックスできひんとか意味わからへんわ・・・。って思う人は私のいいねをスルーするわけで、

まあ、いいかと思ってくれるひとはいいねを返してくれるはず!

というなんと合理的なシステム!素晴らしい!

 

じゃあ実際返ってくるかどうか?ですね。

 

正確な数は覚えてませんけど概算で、

だいたい80送って4人(5%)でした。

これ少ないです。というのも公式が平均を出してまして、

男性の場合だいたい5~10送って1返ってくる(10~20%)らしいです。

 

もっとも私に返ってくるいいねが少ないのはノンセクだからなのか?単に魅力がないだけなのか?は実験しようがないのでわかりません。

というかお世辞にも容姿は良くないし異性受けしそうな何かもないのでまあ・・・そういうことかな・・・。

まあまあ、返ってこないわけではないし、数的には妥当なところかなと思います・・・。

 

さて、ノンセクシャルアセクシャルは女性の方の方が多いということで、女性の方のいいねの数もしかして気になる人いるのでは?と思います。

ということで調べて見ました(男性は女性のプロフィールからその人にどれくらいのいいねが来てるかわかります)

 

・・・だいたい50~70くらい?

 

普通の人に来てるのと同じかむしろちょっと多いくらいの数は来てました!女性に関してノンセクシャルだから不利になるとかはあまりないかもしれません。(ちゃんとノンセクシャルの意味わかってる人がいいねしてるのかはわかりませんが・・・)

 

さて、いいねを返してくださった4人の物好き素敵な方々ととりあえずメッセージでお話をしていきます。

 

これ書いてる時点で2人は私からと相手から会話終了してつながっておらず、1人はやり取り継続中(微妙だけど・・・)

 

そして、一人はなんと!お会いして頂けました!わーい!

 

会話の内容とか状況とかは相手のあることであんまりペラペラ書くことでもないと思うので、とりあえずノンセク関連の部分だけ書きます。

・・・といってもノンセクの話は全くしてません。

向こうは私がノンセクシャルであることを把握していてなお、いいねを返してくださったので、私としては実際どう思ってるのか聞きたいところはあったんですが、一度メッセージを送っているときそれとなーく話題振ってみたときにスルーされたので、もうそれ以上話をするのは良くないかなという判断です。

 

ここからは主観の話ですが、彼女は恋人探し!というよりは友達の縁を広げたい!って感じの人で、だからノンセクかどうかがあまり問題にならなかったのかなと。

今後どうなるかはわかりませんが、とりあえず私の方はまた会いたいなーと思ってます。

 

婚活奮闘記、今のところはこんな感じです。

正直なところ婚活にマッチングアプリをおすすめ!って言えるほど大した成果も出てませんが、単純に面白い人探すのにも結構効率的かなとは思います。またなんかあったら書きたいです。

 

ご質問は以下のTwitterにリプライくれると答えます。

佐野 (@sano192) | Twitter

匿名のご質問は質問箱へ。

佐野の質問箱です | Peing -質問箱-

 

アセクシャルとノンセクシャルという呼び方

皆さまこんばんは。

 

今日は最近にわかに話題になってきたあれについて。

 

そう、

ノンセクシャルって言葉使うか問題」

です。

 

以前この記事

nonseku.hatenablog.com

でもちらっとお伝えしましたが、ノンセクシャルという言葉、日本特有のものなんですね。

 

海外ではロマンティックアセクシャルという・・・というかアセクシャルってまとめて言うことが多いそうです。

 

さて、ここからが問題。

 

海外の人とセクシャリティの話をするとき、「ノンセクシャル」という言葉は基本的に通じません。

 

なので日本でも「ノンセクシャル」という言葉をどう使っていくかということが議論されています。

 

そもそも海外ではなぜ「ノンセクシャル」という言葉がないのか?

ちゃんとした学術研究にあたったわけではないので、確実に正しい情報とは言えないのですが、どうやら文化の違いによるようです。

 

日本の恋愛って

出会う→仲良くなる→告白する→付き合う→性的な行為を行う

って感じですよね?

 

でも海外では

出会う→仲良くなる→性的な行為を行う→付き合う

みたいな感じが多いらしいです。

 

もちろん文化圏によって違いがあります。また付き合う前に行われる性的な行為の度合いも違います。

 

しかしですね、そうなると「ノンセクシャル」って状況自体稀になります。

 

ノンセクシャルの人が悩むのはだいたい「好きな人がいる」けど「セックスができない」こと。

海外だと早い段階で性行為を行うのでその人が度合いの強い「好きな人」であることは少ない、ということが予測されます。

一回やってみるか!みたいなノリでできちゃうって感じですね。で、それが上手くいったらじゃあ付き合うか!ってなって、愛してる!って進み方。

 

じゃあ海外に合わせて日本も「アセクシャル」という言葉に「ノンセクシャル」を内包させたほうがいいのか。

 

ここからは個人的な意見です。

 

全然「ノンセクシャル」でいいと思います。

 

だってめんどくさいもん。

 

ロマンティックアセクシャルって言うの、めんどくさいもん。

 

ロマンティックアセクシャルっていうの、文字数多くないですか。もうブログで文字打つのもしんどいです、ロマンティックアセクシャル

そもそもアセクシャルノンセクシャルって一緒くたにされること多いですけど考え方とか悩みの質が全然違うんですよ。

だから2つは明確に分けるべきで、分けるとなるとアロマンティックアセクシャルロマンティックアセクシャルになって・・・わかりづら!

 

というわけで私は「ノンセクシャル」で良いと思います。海外の人に伝わらないなら都度ノンセクシャル=ロマンティックアセクシャルって説明するか、もう逆に日本の文化として受け入れてほしい。

ノンセクシャル」が生まれること自体、日本の文化的な特性だと思います。じゃあ、もうそれでいいじゃんっていうのが私の考えですね。

 

とりあえず、当事者一個人の意見でした。

 

ご質問は以下のTwitterにリプライくれると答えます。

佐野 (@sano192) | Twitter

匿名のご質問は質問箱へ。

佐野の質問箱です | Peing -質問箱-

カミングアウトしてみた

みなさんこんばんは。

 

今回のお話はカミングアウトについて。

 

私、オフ会には何度か参加させていただいたのですが、その中で気になった話が一つ。

「カミングアウトに抵抗がある」

よく聞きます。

 

以前に書いたカミングアウトの話

nonseku.hatenablog.com

でも言ったのですが、「カミングアウトが怖い!」って言うその世の中おかしくね!とは思うのですけど、たしかに私もあんまり積極的に言いたいことではないです。

 

ですけども!

 

言ったほうがいいです!

 

なぜなら楽だから!

その後の会話が楽だから!

色々隠しながら、つじつま合わせながら、相手に合わせながらしゃべるの、しんどいですよね。

なので言っちゃったほうが楽です。

 

というわけで皆さまのカミングアウト支援のため、私が積極的にカミングアウトして、世間がどんな反応するか調べてきました。

 

具体的に言うと

「聞かれたらしゃべる」から

「隙あらばしゃべる」へ変更しました。

 

そもそも「セックスできる?」って聞かれることないしね!

できるのが当たり前だからね!

 

とりあえず現在までに私がカミングアウトした人は5人です。

「セックスしたくない」的な話をしてる人ならもうちょいいますが、今回のカミングアウトはノンセクシャル」という言葉を使って説明することとしました。

 

【ひとりめ】

これは大学生の頃。

相手は同い年(同級生)の女性です。

「佐野はなんか浮いた話とかないのか!」と聞かれたときに

「好きな人いないしセックスもしたくない」って話をしました(当時はアセクシャルでした)

まあまずめっちゃびっくりされましたよね。

最初は「嘘でしょ?」って感じでした。でも根気よく説明するとなんとかわかってもらえた感じ。私男子大学生の割に女性に触れたりしなかったのでそういう意味でもあーまあこいつならそうかも・・・って理解してもらえるのが早かったのかもしれません。

最終的には「まあそういう人もいるよねー」って終わりました。

おおむね成功?

 

【ふたりめ】

社会人一年目、同期の女性に言いました。

状況は前と同じく「彼女とかいないの?」「いや私ノンセクシャルなんだよね」って流れでした。

が、なんとこの方はノンセクシャル」という言葉を知っていたのです!

むかしゲイの人に片思いしてたとかで、セクシャルマイノリティに関する用語に詳しくなったのだと。

知ってるとすごいスムーズ!

「嘘でしょ?」とか「なにそれ?」のくだりが省けるのでとても楽!

これは大成功でしょうか。

あと「なんか確かにそんな感じする」って言われました。ノンセクシャルっぽい感じってなんだよ・・・。

 

【さんにんめ】

社会人二年目、大学時代の先輩に合う機会があったので言いました。

状況は結婚とかそういう話になったので、ちょっと無理やりですけど「私ノンセクシャルなんですよ」って言ってみました。

案の定帰ってくる「なにそれ」

細かく説明してもわからないだろうなーと思ったので、とりあえず「わかりやすく言うとセックスしたくない人です」って言いました。

 

そうして返ってきた答え。

 

「あーわかるわ。僕も月1くらいでいいもん」

 

ぜんっぜんわかってねえよ!

 

こちとら吐き気を伴うレベルで無理なんだよ・・・。お前の「薄い性欲」と一緒にすんな・・・。

と思いましたけど・・・まあ、相手も悪気はないので黙ってました。

ちょっと詳しく説明しようと話し続けたりもしたんですけど、あんまりわかってもらえず断念。

これは失敗でしょうか。

 

【よにんめ、ごにんめ】

こちらも社会人二年目(というか最近)、会社の先輩ふたりに言いました。

「GWどっかいったん?」

「東京行きましたよ」

「なにしに?」

「オフ会」

「なんの?」

正直この二人の先輩、仕事の付き合いだけで全然なんでも言い合える仲!とかではないのでさすがにちょっと迷ったんですけど、

まあ、ブログに書けるからいっか!

と思って、

ノンセクシャルって知ってます?」

言ってみました。

はいはい当然のごとく「知らない」。

でも流石にお昼休みの白昼堂々「セックスできない人のことです」とは言えないので「ググってください」と言いました。

スマホを触る二人。

ふーんみたいな顔した後、

なんかさりげなく話題変えられました。

 

たぶん「あ、これあんまり触れたらあかんやつや・・・」って思われたんでしょうね。

いや全然触れてくれて良いんだけど・・・。

その後も特にノンセクの話をすることもなく。

良いか悪いか微妙だけど釈然としねえ。

 

 なかなか難しいですね。

でもみんな引かれるとか、ひどいこと言われるとか、信じてもらえないとかそういうことはなかったです。

 

カミングアウトするかしないかはもちろん自由ですが、この記事が皆さんのご参考になれば嬉しいです。

 

ご質問は以下のTwitterにリプライくれると答えます。

佐野 (@sano192) | Twitter

匿名のご質問は質問箱へ。

佐野の質問箱です | Peing -質問箱-

 

しなきゃ、ダメ?

皆さんこんばんは。

 

今回はセックスの重要度について。

 

最近色々思うところあったのでお話したいと思います。

 

まあ、思うところって言うのが早い話、それそんなに大事なん・・・?って話なんですけど・・・。

 

考えるきっかけになったのはとある2つのお話から。

 

一つは会社の先輩方の話で。

 

うちの業務形態上、3~4ヶ月に一度すごい大変な時期というのがあります。まあ納期みたいなもんですね。んで、それが終わると当然「打ち上げだー!」って流れになるわけですね。

 

その時飲みに行ったあと慣例として風俗に行く(らしい)です。

 

えぇまあそりゃね。私も当時一年目のぺーぺーなので誘われましたけどね。

全力で断りましたけど。

「嫌です」

「無理です」

「できません」

 

この3つをひたすらぷよぷよ連鎖の如く繰り出し続けました。

もうノリ悪いとか知らん知らん。無理なもんは無理。

幸い上司がそういうの苦手な人にある程度理解のある人だったので、なんとか難を逃れました。

 

なんですけど、そのときに風俗行こうって言ってた人たちが、全員彼女さんいらっしゃったんですよね。

 

え?彼女がいるとき他の人間性行為に及ぶのは不貞行為ではないの?

 

って私は思ったわけです。(ていうか今でも思ってるんですけど)でも先輩方な~んも気にしてない。

 

というわけでこれおかしくね?って話を女性の友達にしたら、

 

真面目だね~(笑)

 

って言われました。

 

ほ~う?

どうやら恋人がいるときにお店で他人と性行為に及ぶのは良くはないけど普通の行為らしい。

 

もうなんか色々衝撃的でした。

 

 

 

そしてもう一つの話。

 

先日私が楽しみにしてた漫画が発売されまして 。comic.k-manga.jp

セックスレスを扱った漫画ですね。

主人公の女性がセックスをしたい側、相手の夫がセックスをしてくれない側。

主人公は夫に振り向いてもらえるよう努力したり、でもうまく行かなくて悩んだり、その時別の素敵な男性が現れたり・・・。というお話です。

 

個人的な感情だけでいうと「いやすればいいのに」って思っちゃうんですけどね…。

ノンセクシャルの私から言うと、だってたかだか疲れてる程度でやればできるんでしょ?

それに吐き気を伴う嫌悪感と不快感と恐怖感とかないんでしょ?って思うんですけど…。

まあ、それは置いといて。

 

当然主人公はセックスがしたいわけです。

夫婦だから。

愛されてる実感がほしいから。

 

それについてとてもとても真剣に悩むほどに。

 

 

 

さて、では2つの事案から何が言いたいのか?

 

私が気になったのはつまるところ、

普通の人にとってのセックスってなんなんだろう?

ってお話です。

 

人はなぜセックスをするのか。

 

子孫繁栄のためであればこの世に避妊具なんて存在しないでしょう。代わりに婦人体温計が馬鹿売れしてます。

 

最初の風俗の話からするとセックスというのはとても楽しく気持ちいい行為なんでしょう。それこそ恋人が多少嫌な思いする可能性があるとしてもその後ろめたさを補ってあまりあるほどに

 

そしてセックスレスの話からすると目に見えない「愛情」を目に見えるものにする行為なんでしょう。愛してるから→セックスするのであってそれは逆にセックスするから→愛してるも成り立つという、そういう行為なんでしょう。

 

ここからノーマルの方お気を悪くされたらごめんなさいなんですけど、私これに気づいたとき、厄介だなぁーって思いました。

 

つまりですね?

セックスできない人間というのは快楽を提供できないかつ愛情表現ができないってことになるわけじゃないですか。

 

私の場合は

楽しくて気持ちいいからセックスしましょうって言われても無理ですってなるし、

愛されてる実感がほしいからセックスしましょうって言われてもごめんなさいってなるわけです。

 

なんとまあ、厄介な。

たかだかセックスできないだけなのに。

たかだか女性器に男性器をいれるのが苦手なだけなのに。

 

ノンセクシャルであること自体は不幸じゃないんですよ。

でも不便なんですよ。 すごく。

 

 

今回は結論としてこうしていきましょう!とかこうなったらいいですね!って話はできません。そもそもセックスしたいって感情を否定することはできないですからね。強いて言えば恋人欲しいならセックスに重要性置いてない人探しましょうねってくらいです。

 

ですがとりあえず私がこれ大変だなぁーって思ったことをぶちまけたかったっていう記事でした。もやもやするけど終わります!

 

ご質問は以下のTwitterにリプライくれると答えます。

佐野 (@sano192) | Twitter

匿名のご質問は質問箱へ。

佐野の質問箱です | Peing -質問箱-