せっくすが気持ち悪くてできない男の話

ノンセクシャルの成人男性が言いたいことをぶちまけるブログです。

彼氏できたのでお前には会えません。

いや、噂には聞いてましたよ?

 

同性に恋人ができると、恋人優先になって遊んでくれなくなる。

 

っていうやつと、

 

異性に恋人ができると、浮気を疑われるから遊んでくれなくなる。

 

っていうやつ。

 

なので、まあ、知識として知ってはいたんですけど。

 

まあー、実際言われると

 

きっついなこれ。

 

っていう、話。

 

というわけで皆様こんばんは。

 

最近女性の友達に「彼氏できたので申し訳ないけどあなたと二人で会うのは難しくなります」という通達を受けたのが思ったよりあれだったので、この記事を書いています。

 

が、はじめに言っておきますとこの記事自体はそういう慣習というか風潮を非難する内容ではありません!

誰と人間関係を作っていくかは本人の自由なので、どんな理由であれ相手に会えないと言われたら会えません。嫌ならもう友達やめろって話ですね。

 

ま、ただね?

 

実際にそういう目にあうとなかなかしんどいものがあるなって思ったので、ここで文章にして吐き出してちょっとスッキリしとこうという、そういう企画です。

 

つまり?

 

自己満足!

 

なんできついのかな?ちょっと考えてみましょう。

 

そりゃあ私がめっちゃくそ失礼なことしたとかだったらね、

まあ私が悪かったからね、しょうがないよね、とりあえず謝りはするけど、許すかどうかはあの子次第だよね。ってなるんですけど。

でもね、これって結局、理由が「男だから」なんですよね。

性別ってどうしようもない。

 

恋人がいるときに別の異性と二人で仲良くすることはあらぬ疑いを生む可能性があるからよくないと、そういう考えの人がいるのはもちろん知っています。し、それが間違ったことだとは思いません。実際そういうことを考えて、下心ありきで会いに来る人もいないことはないでしょう。

でも性別が原因ですって言われたら私の過失はどこなん?ってなるじゃないですか?

前世?

前世の業?

 

そしてね、私ね、ノンセクシャルなんですよ。

 

ノンセクシャルとしてブログを書き、

ノンセクシャルとして本まで書き、

たまにオフ会にまで行っているノンセクシャルなんですよ。

 

女性と二人でどこか行ったとして、絶対確実何があっても間違いは起きないでしょ!?

全日本浮気しない男選手権があったらたぶん関西代表くらいにはなれる。

 

でもたぶん、そういうことじゃあないんですよねぇ…。

ええ知ってますよそんなことくらいは知ってます。

 

結局何がって今まで普通に遊んでた人と遊べなくなるのが一番悲しい原因なんですけどね。特に大人になったらなかなか大人数で集まったりするの難しくなるし。じゃあもうほぼほぼ会えないよねって話になるわけで。

 

周りが結婚とか言い出したら他の人も含めもっと状況悪くなっていくんだろうなぁ…とか、考えると今から憂鬱ですね…。はぁー。

 

以上、言ってもしょうがないけどでも言いたいよねシリーズでした。

 

ご質問は以下のTwitterにリプライくれると答えます。

佐野 (@sano192) | Twitter

匿名のご質問は質問箱へ。

佐野の質問箱です | Peing -質問箱-

 

 

性別に違和感はありますか?

皆さまこんばんは。

 

質問箱の方にご質問を頂いたので本日はそちらのお話を。

 

佐野さんこんにちは、ブログと本を読みました。(面白かったです!)

私は女性パートナーありのバイセクシュアル女性です。しかしセックスが苦手で触ったり触られたりすると吐き気がします。 なんでなんだろうと考えていると、自分の性別への違和感があるのが原因の一つなのかもしれない、という気づきがありました。 違和感はそんなには強くはありませんが、夢の中では男性であることが多いです。自分の身体については諦めているつもりですが、女性扱いされると気色悪く思うことも多いです。 普段は完全に女性として暮らしていますが、来世は男性がいいな、とも。

佐野さんは性別への違和感を抱いたことがないとのことですが、このような淡い違和感もないという感じでしょうか? すでにどこかで答えていただいているのならばすみません。よろしくお願いいたします。

 

ブログと本読んでいただきありがとうございます。

面白かった!何よりでございます!良かった!!

 

ご質問頂きありがとうございます。

性別に違和感を感じるか?

それは性嫌悪の理由になりうるか?

という問いですね。

 

結論から言うと私自身は性別への違和感というものは感じておりませんし、生まれてから今日まで自分の体と心の性にズレを感じたことはありません

 

ただ別の意味で、私は特に百合と呼ばれる作品(Girls Love:女性同士の恋愛を扱った作品)を好んでいるので、そういう作品を読んだときに

「あー男なんて(私含め)全員【ピーーーーー】したらいいのに!!!!」

と布団の上で叫んだりすることはあります。特に女子校もので。

あと私も来世は女性がいいです。

 

いや、それはつまり女性になりたいのではないのか?

 

というところですね。

 

まあそれ自体に対しては「せやな」としか言えませんが、それが違和感という感覚にはなりません。

 

例えるなら、プロ野球選手になりたい!ですね。

プロ野球選手になりたい!と思うことはあっても、「俺がプロ野球選手じゃないのおかしくね・・・?」とは思いません。

そしてそもそも今から若くもないのにめちゃくちゃ練習してプロ野球選手になろうとは思いません。

つまり、ホルモン治療であるとか、整形、女装という形で女性を目指そうとも思わないということです。

来世ガチャに期待です。

 

以上が私についてです。

 

じゃあアセクシャル全体についてはどうか?というと。

 

これは私の印象で、正確な統計などを取った結果ではありませんがアセクシャルの方は性別に違和感を覚えていたり、あるいは自分が無性(≒Xジェンダー)だと感じている方が多いと思います。

 

そしてこれまた私の主観から見てですが、

アセクシャルは性別に対して違和感を感じる人が有意に(偶然でなく)多いのか?

=性別に違和感を感じる人は性嫌悪を感じる又は性的なことへの興味が薄くなりやすいか?

というとそれもちょっと違う気がします。

 

世の中の大半の人にとってセクシャルマイノリティLGBTくらいのイメージしかありません。LGBTのそれぞれのアルファベットが何を表しているか?を聞いたら答えられる人は半分くらいじゃないでしょうか。(たぶんTがなかなか出てこない気が・・・)

 

一方でアセクシャルという言葉にたどり着ける人、つまり「自分はなんとなく人と違うなぁ」という感覚を持っている人たちはそこに至るまでに性の多様性について非常に多くの情報に触れます。

「こんな人がいるのか」

「これはなんとなく自分に近いかな」

などなど・・・。

その中で自分が抱えている違和感にきちんと名前がついていて、同じような人がいるということを知り、結果それを肯定して受け入れる人が多いのでないかと思います。

だから一般の人よりも自分の性を把握して表明できる人が多いのではないかと。

 

つまりですね、

 

アセクシャルは生き方多様性の最前線

 

なわけです。

 

強そう!!!!

 

というわけで、私個人の意見ですが

私自身の性嫌悪は性別違和感には由来しておらず、

アセクシャル全体についてもそういう人が多いということはないのではないかと思います。

まあ、色んな人がいるのでそれが原因で性嫌悪を感じる人もいるでしょうし、そうじゃない人もいるだろう位の感覚ですね。

 

ご質問者様がお聞きしたかったことに答えられているか微妙ですが、こんな感じで・・・。

 

ご質問は以下のTwitterにリプライくれると答えます。

佐野 (@sano192) | Twitter

匿名のご質問は質問箱へ。

佐野の質問箱です | Peing -質問箱-

セックスってめっちゃ便利だよねまじでめっちゃ便利ってひたすら言うだけの話。

注意!本当にタイトルの通りなのでそういう話嫌な人は読まないでね!!

 

いやね?

 

本を読んでたらこんな話が出てきたんですよ。

 

『だから私はメイクする』(劇団雌猫)

私の会社では、研修の一環で、各部署の若手が集まって自分の仕事についてプレゼンをする大会がある。(中略)ある年、「絶対優勝したい」と思った私は丹念に準備したが、ちょうど業務のピークも重なって、徹夜やタクシー帰りが続き、クマと肌荒れまみれのプレゼンで人前に出るのを躊躇したいくらいの顔でプレゼン直前を迎えてしまった。

前日も仕事が終わったのは夜の9時ごろ。顔をどうにかしようにも、フェイスエステができる店はすでに閉まっている。考えた末、私は男友達を呼び出して、セックスを頼んだ。なぜなら私にとっては、一発で体調や肌ツヤがよくなる手段だからだ。多少なりとも顔がマシになって堂堂とプレゼンできたためか、私は優勝した。

 

セックスすげぇ!!!!

 

っていう、話。

 

人間には「性欲の周期」があるそうです。強くなったり弱くなったりを繰り返すらしく、ノンセクシャル性嫌悪持ちの私もなんとなくそういうのは感じます。

ちなみに女性の場合だと排卵日の前に強くなるように出来てるらしい。

 

で、それとは別に私には「セックス気色悪い周期」があります。

 

周期は一ヶ月弱くらいで、これが強いときは「みんなよくあんな気色悪いことやってんな!」という気持ちになります。

 

じゃあ、これが弱いときどうなるか。

 

「セックスしてぇー!」ではなくて「セックスできるのものすごく羨ましい」になります。

 

んで、最近その「セックス気色悪い周期」が弱まる日、つまり「いいーなぁーみんなあれできていいなぁー」と思う日と、「なんか文章書きたい欲」の強まる日がたまたま合致したのでこの記事を書きました。

 

だって肌ツヤ良くなるんですよ?

とりあえずわかりやすく「特別な関係」になれるし、

めっちゃ気持ちいい(らしい)し、

いとも簡単にわかりやすく愛情を示せる。

 

セックスは一人ではできないのに人間の大半はそれを求めていて、

 

しかも社会通念上恋人がいるときはその人とだけそういうことをするのが望ましい。

 

体の気持ち良さだけなら女性でも探したら風俗とかあるだろうけど、どうやらそういうものだけでもないらしい。(でなきゃこの世にセックスレスなんて問題もないでしょうしね)

 

もうね、セックスをするってとにかく圧倒的にわかりやすいんですよね。

性欲を満たしたいとか愛されたいとか肌ツヤ良くしたいとかそういうことに対する解答としての手っ取り早さがとてつもない。

 

これをセックス抜きでするの、できなくはないと思うけどめっちゃ遠回り。

めんどくさいめんどくさい。

 

せめて、多少嫌とかあったとしても頑張ったらできるくらいの選択肢は欲しかった。

私の場合はそもそも物理的に機能しないノンセクシャルなので、「本番」に関してはもう私が努力してどうこうなるわけでもない。

 

もうほんっっっっっと不便。

 

っていう、だけの、愚痴、でした。

ちょっとスッキリした。

 

ご質問は以下のTwitterにリプライくれると答えます。

佐野 (@sano192) | Twitter

匿名のご質問は質問箱へ。

佐野の質問箱です | Peing -質問箱-

 

 

 

なんか便利なサイトができたらしい。

acelifenavi.jimdofree.com

 

というわけで、なんかにじいろ学校さんが新しくサイト作ったらしい。

(とか白々しく書いてるけどサイト作ってるみたいな話自体は結構前から聞いてた・・・)

 

内容は

 

アセクシャルの定義(海外のアセクシャル最大手サイトAVENの日本語訳など)

・パートナーとの友情結婚、行政手続きについて

・結婚しない、誰かと一緒になることを前提としない老後について

・各種関連サイト、イベントの紹介

 

などなど。

 

まあ内容とかは上のリンク踏んでもらったら見れるのでこんな記事一ミリも必要ないんですけど・・・。

わざわざ記事にしたのはたぶんここ読んでる人の必要な情報がいっぱいあるなと思ったので誘導です。(このブログまでたどり着いた人はたぶんほとんどが知ってるわ!ってなってると思うけど・・・)

 

ちなみにこのブログもリンク載せてもらった!改めて他の人のブログと並んでみるとブログタイトルの酷さが光るね!!

 

これからサイトの内容が増えていったり、サイトを使ってアセクシャル同士が交流できるようになるととてもいいですね。

 

ご質問は以下のTwitterにリプライくれると答えます。

佐野 (@sano192) | Twitter

匿名のご質問は質問箱へ。

佐野の質問箱です | Peing -質問箱-

 

 

 

月曜にNHKでアセクシャルやるって。

www4.nhk.or.jp

ノーナレ「恋愛圏外」

 

というわけでNHKさんがアセクシャルの特集?というかアセクシャル密着取材的な番組を放送されるそうです。

 

2019年 5月20日(月) 22:50~

 

きゃっはたのしみ!!!!

 

密着取材をうけてるのはなかけんさん。

Youtubeのチャンネル「性性堂堂」で動画に出演されてる方の一人ですね。

私も一度だけオフ会でお会いしてお話したことあります。

良い人過ぎて引いた。

 

ちなみにその時

「ごめんなさいなかけんさんの動画を拝見したことないのですけど・・・」

と私が言ったら

「あー!大丈夫です!見なくていいですよ!」

って言われたのでみんな嫌がらせにめっちゃ見ような。

 

www.youtube.com

というわけで月曜夜はみんなでNHK見よう!!

とりあえず今録画してこよう!

今!

今しないとどうせ忘れるから!!!

 

ご質問は以下のTwitterにリプライくれると答えます。

佐野 (@sano192) | Twitter

匿名のご質問は質問箱へ。

佐野の質問箱です | Peing -質問箱-

 

 

やがて君になる 7巻を読みました。

いやなんの話やねん。

 

タイトルが「読みました。」って知らんがな。

 

ええ、ええ、当ブログはもちろん読書感想文を載せるブログではございません。

 

なのですが、やがて君になるという漫画を読んでちょっと思うところがあったので当ブログにしたためておこうと思った次第です。

というのが1割で9割が布教です。

 

まずはじめに、

 

この記事は「やがて君になる(KADOKAWA)」の多大なるネタバレを含んでおりますので、今読んでる方、今後少しでも読む可能性のある方は絶対にこの記事を読まずに今すぐ本屋さんで既刊7巻を購入し読了後、読んでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、まずあらすじですが、もんのすごいざっくり簡単に言うと、

アセクシャル」✕「リスロマンティック」の百合(レズビアン)漫画です。

 

誰のことも好きにならない侑と、

自分のことを好きにならない(特別に思わない)から侑が好きな橙子と、

そしてそんな橙子を好きな紗弥加。

 

三角関係とは定義できるけど、でもそんな簡単ではない。

 

さて、詳しくは3話までためし読みできるのでそちらで読んでいただくとして、

comic.pixiv.net

 

今回私がこのブログの記事にしたいなぁと思ったのは最新巻7巻のとあるシーン。

 

紗弥加が橙子に告白し、その返事をもらうシーンです。

 

著作権的なあれもあるし、できれば漫画を買ってちゃんと通しで読んでほしいので文字で書きますね。

 

紗弥加が橙子に告白した次の日、橙子は考えます。

 

紗弥加が告白を決心するまで気持ちを変えたように、人はみな変わっていきます。

橙子は「どうして変わっていく人を好きでい続けられるのか?」を疑問に思い、二人きりになったとき、紗弥加に問いかけます。

 

いつから自分が好きなのか?

好きになった頃の自分と今の自分はきっと違うはず、なのになぜずっと好きでいられるのか?

 

紗弥加は答えます。好きって…………

 

「今のままのあなたじゃなきゃ嫌だってことではないけど、どんなあなたになっていいってことでもないと思う。だからなんだろう……あなたは私の好きなあなたでいてくれるだろうっていう、信頼の言葉、かな」

 

 

あー……

 

なるほどね。

 

私もアセクシャルだったこともあるし、今はノンセクシャルだと思ってるし、色んな人と色んな話をして「好き」について考えたけどもそうかー、

 

あれは信頼の言葉だったのかーって。

 

なんか、すごいしっくりきました。

 

もちろん好きの定義は人それぞれだと思うんですね。何があっても私のこと好きじゃなきゃ嫌!って人もいるでしょうし、必ずしも恋愛感情を含まなくても「好き」ということもあるでしょう。

 

だからこれは解釈の一つではあると思うんですけど、「この先変わったとしても、私が良いと思う部分は持ち続けてくれるだろう」って、すごくすごく良い言葉だと思うんです。

 

何も恋愛的な意味だけでなくて、友人として本当に尊敬できる人とか、あるいは家族だってそういうふうに思う人、信頼できる人はいると思うんです。

 

だからアセクシャルの人は特に「好きがわからないなんて可哀想」なんて言われたとしても、

相手の思う、相手が定義している恋愛的な「好き」はわからないけど、でもそうではない、信頼の言葉としての「好き」は知っていたり、あるいは今後そういう人に出会えるかもしれないし、それは全然全く可哀想ではないと思うんです。

 

・・・いや結局何が言いたいの?

 

「好き」って自由でいいんだなって思ったよって話です。

 

私は今回たまたま読んでいた漫画に書いていた「好き」にしっくりきたわけですけど、でも特にアセクシャルの人は「好き」がわからないって人、多いと思います。

わからないのもわかりたいのもどうでもいいのも自由だけれど、これが「好き」!ってわざわざ誰か他の人に決めて貰う必要はないんだなと思い、そんな話をしたくてこのブログを書きました。

 

・・・とかは正直どうでもいい。

みんなとりあえず全巻買って私の好きな作者様に金を!!金を与えてくれ!!!

comic.pixiv.net

 

ご質問は以下のTwitterにリプライくれると答えます。

佐野 (@sano192) | Twitter

匿名のご質問は質問箱へ。

佐野の質問箱です | Peing -質問箱-

【実験中】アセクシャルオフ会まとめ掲示板

詳細はコメント欄を見てね!!!

 

 

こんにちは!!

 

なんか最近オフ会めっちゃ多くなってきましたね!

 

でもこんだけあると探すんめっちゃめんどくさない?

 

どこか一つに情報をまとめてほしい…。

 そんなサービスがあれば…!!

 

しかし!

管理するのはめんどくさい!

webアプリケーション作るのはもっとめんどくさい!

サーバー代も払いたくない!!!

 

というわけで

 

ここのコメント欄を掲示板的に使う実験をしてみます。

 

日時とか場所とか募集人数とか主催者への連絡法とかコメント欄に書いてください。

主催者のみんながそれを書いて、参加したいみんながちょくちょく見に来るという方法。

 

私はなんにもしません!眺めてます!(宣伝のお手伝いくらいはするけど)

 

実験なのでトラブったらやめます。

過疎ってもやめません。放置します。

 

上にあるカレンダーはgoogleで共有できるやつです。

ここにオフ会の予定とか並んでいったらえもない?

 

ただし編集権限が現状私しかありません。

権限自体はGoogleのメールアドレス(Gmail)があれば二秒であげられるので欲しい人(主催者)は私(Twitter佐野 (@sano192) | Twitter)に連絡ください。もちろんパスワードとかはいりません。メールアドレスだけぺって投げてくれたら編集できます。

 

このブログ一日30~150アクセスくらいあるので、くっそてきとーに計算して一日30~150人の人間が見てるわけです。

こんなネットの片隅にある過疎ブログ見に来る人はほぼ当事者とか当事者と関わりある人しかいないでしょうし宣伝効果もあり!!

 

ここに書いてないオフ会もTwitterには大概書いてあるからアセクシャルまとめたこのリストをてきとーに眺めてるといいかも!!

twitter.com

うまくいくかわからんけどとりあえず。質問とかあったらTwitterにどうぞ。

 

ご質問は以下のTwitterにリプライくれると答えます。

佐野 (@sano192) | Twitter

匿名のご質問は質問箱へ。

佐野の質問箱です | Peing -質問箱-